東京大空襲資料展のお知らせ

今から71年前の3月10日、下町・浅草地域を中心に、東京が火の海に包まれました。

「東京大空襲」と呼ばれるこの空襲で、実に100万人を超す人々が罹災し、その正確な数字はいまだ明らかになっていません。

ふたたび、この惨禍を繰り返さないために、台東区の共催を受け、毎年開かれている「東京大空襲資料展」が、今年も浅草公会堂で開催されます。

 

日時 2016年3月10日(木)~13日(日)/午前10:00~17:00東京大空襲資料展ちらし

場所 浅草公会堂ギャラリー

入場料 無料

 

今年は、特別企画展示として「土井豊画伯原画展-東京大空襲を描く-」を開催します。

また、さまざまな特別イベントも開かれます。

 

アコーディオンで歌おう「戦争から平和へ」

  日時 3月11日(金)13:00~15:30

  場所 浅草公会堂・第3集会室(5F)

  アコーディオン奏者 小山龍雄さん

  曲構成 東京大空襲資料展実行委員会

浅草deトークVol.5「下町の暮らしと戦争 ひとの記憶 まちの記憶」

  日時 3月12日(土)13:00~15:30

  場所 浅草公会堂・第3集会室(5F)

  企画 和・ピースリング

  映像提供/解説 佐藤弘資さん

平和寄席

  日時 3月13日(日)13:30~15:30

  場所 浅草公会堂・第3集会室(5F)

  落語 古好亭志ん1さん

  落語 寝床屋道楽さん

  ギター漫談 ペロ中島さん

 

 

以上、詳細は東京大空襲資料展HPをご覧ください。

 

上記以外にも、ガイドが浅草寺周辺に残る戦跡・史跡をご案内する「浅草戦跡めぐり」を行っています。

ご興味のある方は、ぜひスタッフまでお声掛けください。

 

ぜひ、多くの方々のご来場をお待ちしています。

 

事務局 飯塚知恵