過払金返還請求

消費者金融から借り入れをし、毎月きちんと返済をしているが、なかなか借金の額が減らない…

というのは、借金の返済額には、必ず利息が含まれているからです。特に、2010年の法律の改正前には、たくさんの金融会社が「利息制限法」という法律を超え、「出資法」の上限以下の、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれる利率で、貸し付けを行っていました。

 

ところが、この「利息制限法」という法律を超える金利については無効であり、会社は、債務者に対して不当に利得した金銭を返還すること、というのが、現在の司法判断になっています。もちろんこれは、個人対個人の借り入れでも同じです。

 

弁護士に相談いただくと、過去の返済歴と借入履歴の取寄せから、請求額の計算、返還交渉や、らちが明かない場合には裁判まで、一括して対応させていただきます。

 

過払い金の返還請求には、10年という時効があります。

早めのご相談で、より的確なサポートをすることができます。